ゲーム、タブレットなどとの上手な付き合い方


こんにちは、友愈の西村です♪

今日はお休みだったため、朝もゆっくりモード

朝から次男をぎゅーっと抱きしめることもでき、あー少し余裕ができたなと思う今日この頃です笑

先日新聞を読んでいたところ

学校の教育にもタブレットが使われており、とても便利だけれどもとまどい隠せず

という記事が掲載されていました。

tablet

確かに、その通り、、

パソコン、タブレットが急速に広まり、かなり使いやすくなってきました

子どもの気をひくようなアプリも多く、確かに教材として使えるものもあり、、

でも私も子供にタブレットを触らせること自体ちょっと違和感を感じています

私たちが小さい頃はファミコンの全盛期でしたが、私は買ってもらえず、、

遊ぶというと「あやとり」「なわとび」「秘密基地作り」などの遊びが多かったなと思っています

先日高校の先生にこのお話をしてみました

先生曰く

ゲームの≪メリット≫は

☆集中力がつく

≪デメリット≫は

☆コミュニケーション力の欠如

☆区切りがつけられないため、いつまでもだらだらと続けてしまう

確かにそうだなと感じました。

ゲームを与えてしまうと、結局ずっとだらだらとやり続けてしまうことが多く、

遊ぼうと集まっても会話もせずにひたすらゲーム。。

遊んでいる姿を見ていても、はっきり言って一人で遊んでいるのと一緒ですよね、、

けんかしたり、仲裁したり、会話が存在しないため、コミュニケーション力が育たず、

相手の気持ちをくみ取ることができない

自分のことだけを主張してしまう

そんなことが起こってしまうのかもしれないなと感じました

普段お仕事をしていて感じていることですが、、

能力がある人よりも

コミュニケーション力がある、相手の気持ちを思いやることができる、努力できる

そんな力を持っている方の方が圧倒的に仕事ができるなと感じています

会社は人で成り立っているので、一番大事な要素は「ヒト」

会社内の輪が不協和音を発してしまうと途端に悪い方向に崩れてしまう

家族だって一緒ですよね♪

やはり「会話」がとっても大事だと思うんです

だから、電子媒体などのツールは上手く使うことが大事。

☆ ゲームやタブレットを触る時間を決める

☆ お友達と遊ぶときにはいろんな遊びをする

☆ お友達とおしゃべりする時間を大事にする

バランスがとっても大事ですよね~!!!


The following two tabs change content below.
国際中医師・中医薬膳師・登録販売者 長男の出産後産後うつにかかり、つらい思いをしたことがきっかけで、産前産後、育児中のママが元気になれる場所「心とからだのカウンセリング友愈」を設立♬ 西村自身は漢方相談を行う

コメントをどうぞ