不妊治療を乗り越えて40代での自然妊娠!


おはようございます~!ママの体質改善アドバイザー西村です♬

実は最近友愈妊娠ラッシュがはじまりました♬その中で40代で、もう今年で不妊治療をやめようかと思いながらも前向きにがんばってきたMさん。なんと自然妊娠しちゃいました!

やはりキーワードは「心」との付き合い方、体調を調えることにあると再度実感しました。

冷えは万病のもと!不妊症の方はほぼ100%の方が「冷えて」いる

多くの不妊症の方々の体質を診てきている中で、、「冷え」と「不妊症」は切っても切れない関係だなと感じています。特に子宮がとても冷えている、、そして冷えているから血流も悪くなる。

Mさんもやはり子宮が冷え、生理中に血の塊(レバー状)が出たり、生理痛があるんだけれども温めると改善する、冷えのぼせというような症状がありました。

冷えている方って顔色は白く、みなさんキレイなんですよね~

なんでこんなにも冷えてしまうのでしょうか、、たぶんもともとの体質もあるとは思うのですが、服装や食べ物って結構大きく影響するように思います。

とにかく不妊症でお悩みの方は、たぶん冷えていらっしゃるので、身体の芯から温める、外気から守る、など内から外から温める必要があると思います。

c_fn003553_1_01

ちなみに子宮を温める働きがある身近な生薬としては「よもぎ」や「シナモン」などがあります^^ よもぎで入浴剤を作るのもよし、よもぎ蒸しもオススメですし、ぜひ生活に取り入れてみてほしいなと思います!

不妊治療こそ「心」のケアがとても大切

今回Mさんとの8か月間で感じたことは、やはり「心」との向き合い方が「妊娠」に大きく影響する、ということなんです。

実は以前のブログでもMさんのこと書かせていただいていました。こちら→(http://sango-support.com/post-1168/

最初は夫婦で不妊治療がんばっていたのですが、疲れ果ててしまい、ご主人様が不妊治療をやめようと言い出してきた。でも奥様はどうしてもあきらめきれない。でも不妊治療は二人でチカラを合わせてやっていくものなので、どうしたらよいか途方にくれていたんです。

病院通いもできなくなりました。徐々に上のお子さんの小さかったときのおもちゃも捨てられ始めてしまいました。でもどうしてもお子さんを授かりたい奥様は焦るばかり。。

2週間に一度の漢方相談では、体質チェックとともに、今の状況や心のことについていろいろ話し合ってきました。その中で気づいたことは、夫婦関係を全くできなくなっていたこと。奥さんにとっては「夫婦関係」は「妊娠のための手段」。毎月排卵日にやるもの。だったのです。

一方ご主人様にとっては苦痛な日。「今日は排卵日だよ」と言われて、一生懸命応じたいんだけど、どうにもこうにも心が全くついていけない。

疲れ果ててしまったのですよね、、お二人とも。。

夫婦生活ってどういうものなのか、どうあるべきなのか、カウンセリング時に楽しく笑いながらお話を重ねていきました。

gf01a201502221000

「夫婦生活」はお互い仲良く暮らしていくためになくてはならないもの

ここに気づけた奥様は、勇気をふりしぼりながらご主人様との時間を持つようにしました。「本当に幸せな夫婦生活を送れました」とご報告をいただいた2週間後、、

なんと陽性反応!!!!

うそのようなでも本当の話です。

病院の不妊治療は上手に付き合っていくことが本当に大事だと思います。のめりこみすぎてしまうと本当に大事なことを忘れてしまうこともある。確かに技術のある病院であれば、いつの何時頃排卵している、というのはわかります。でもそういう問題じゃない。夫婦生活って「いついつにやりなさい」と言われてやるものではない。二人の愛情を確かめ合うとても大事なことなんだと思うのです。

不妊治療で煮詰まってしまっている方、少し息を抜いてみてください!絶対に良い方向へと流れるはずなのですから。

今日もあなたにとって最高の一日となりますように!


The following two tabs change content below.
国際中医師・中医薬膳師・登録販売者 長男の出産後産後うつにかかり、つらい思いをしたことがきっかけで、産前産後、育児中のママが元気になれる場所「心とからだのカウンセリング友愈」を設立♬ 西村自身は漢方相談を行う

コメントをどうぞ