体調が悪いときこそ、急がば回れ


おはようございます~!ママの体質改善アドバイザー西村です♬

今日は自戒の念も含めて、、体調が悪いときに、焦っていろいろな病院を回ってみたり、何か良いものないか探しまくってみたりしても結局良い結果に結びつきにくい、というお話しをしたいと思います。

つらいときって、どうしても焦ってしまう。焦りが生じるととりあえず何でもかんでもやりはじめてしまう。その結果一番大事なことを忘れてしまう、、でもこれって結局回り道になってしまうのですよね💦

病気の治療は先生との信頼関係が一番大事

病気がつらいときに一番つらいのは「ひとりぼっち」になってしまうこと。

同じような経験をした人にしか、自分のつらい気持ちはわからない。だれかにわかってほしいと声をあげてみても、だれもわからない。

一生懸命だんなさんに話してみても、なかなかわかってもらえない。

そう、つらいときこそ「ひとりぼっち」になりやすい。

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

こんなときこそ、つらい思いを半分分かち合ってくれる先生を見つけることがとても大事だと私は思います。治療は先生ひとりがやるものではない。ましてや患者さんがひとりがんばるものでもない。

病院の先生の前に行くと、お薬を服用できていないことを伝えられなかったり、聞きたいことが聞けないという方が多い。でもこれだと先生は必要な情報を受け取れないし、とてもじゃないけれどもいい治療につながらない。まさかお薬飲んでいないなんて思っていませんからね💦

まずは勇気をふりしぼって、自分が本当は伝えたいことを伝えてみてほしい。

伝えてみて、とても嫌な反応が返ってきてしまうようであればそれまでなんです。だって治療は先生と患者さんが二人三脚で行うものだから。なんとか治してほしいと思う患者さんと、なんとか治したいと思う先生。ここで気持ちが一つになれないならば、いい治療ができるわけがないのだから。

病気がつらいときほど、信頼できる先生を見つける、ということが私はとても大事だと思います。かといってドクターショッピング(window shoppingのようにいろいろな病院をまわること)はしてほしくない。まずは自分がいっている病院の先生と本当は話してみたかったことを話してみてほしいと思います。

信頼関係というのはお互いが歩み寄ってはじめて作られるものですから!

今日もあなたにとって最高の一日となりますように!


The following two tabs change content below.
国際中医師・中医薬膳師・登録販売者 長男の出産後産後うつにかかり、つらい思いをしたことがきっかけで、産前産後、育児中のママが元気になれる場所「心とからだのカウンセリング友愈」を設立♬ 西村自身は漢方相談を行う

コメントをどうぞ