漢方相談を天職としたきっかけ


突然ですが、西村は父が大好きです。

いきなりファザコン宣言?!

 01f291e46582cb990ac9cb1256e1b6453fd7458799

いわゆる女の子を猫かわいがりする父では全然なかったのですが、、

(25歳で早く結婚してくれと言われましたからね…)

自ら突き進む性格の私にとって、父はとても相性のよい相手だったのかもしれません。

基本的に私がはじめることについては何も言わず、、ただ応援してくれました。

それは母も一緒で「あなたならできる」と言われ続け育ってきた気がします。

私は強い姉だったので、弟をよくいじめていたのですが

(結婚式で大きな仕返しされました笑)

いじめていた私の心理を父はよくわかっていて、「さみしいんだね」とぼそっと言われたことを覚えています。

私にとって一番大事な人のうちの一人は父です。

父がくれた天職「漢方相談」のきっかけ

そんな父は私が高校生の頃から腎臓を患い、60歳から透析をはじめています。

私が高校生の頃、中国人の漢方の名医と知り合うことができ、

父は漢方を服用し、

食事療法をがんばり、

透析になってしまうまでの期間を長くすることができ、悪化の速度を緩めることができました。

その名医との出会いが私の心を大きく動かしました

当時の私はアトピー、ニキビなどで悩んでおり、抗生剤を服用したり、ビタミン剤を

服用するものの、なかなかよくならず、、

名医に漢方を処方してもらって、1か月で劇的に改善したのでした。

先生の医療、漢方に対する思い入れの強さ、専門家としてのよいプライドが私に火をつけました。

大事な父を守るために、、

漢方の素晴らしさをもっと広めるために、、

これが私が漢方の道に入ったきっかけです


The following two tabs change content below.
国際中医師・中医薬膳師・登録販売者 長男の出産後産後うつにかかり、つらい思いをしたことがきっかけで、産前産後、育児中のママが元気になれる場所「心とからだのカウンセリング友愈」を設立♬ 西村自身は漢方相談を行う

コメントをどうぞ