発酵食って何がいいの?


おはようございます!友愈の西村です♪

もう少しで2月、、

月日はなんでこんなに早く過ぎてしまうのでしょうか、、

自分はいったい何歳なんだかわからなくなるときもありますし、、

年齢とともにお食事にもさらに気をつけなきゃ!

と思う今日この頃です、、

さてみなさん、発酵食っていうと何が頭に浮かびますか?

発酵食

納豆

味噌

糠漬け

、、、

いろいろありますが、私は東京から長野に移り住み、特に長野県は

発酵食がとても多い県だなと感じています。

何よりもとってもびっくりしたことが

お茶の時間やお友達宅にお邪魔したときに(特に60代の方中心に)

お茶請けに「お漬物」や「梅漬け」が出てくることなんですー!

長野県の方にとって「これって普通じゃん」と思うようなことでも

他県の方からするとかなりびっくりな文化です、、

同居している義母はかならず漬物を漬け、必ず食卓には漬物がならびます。

自分で作るのは大変だけど、わざわざ買ってくることはあまりないけど

食卓にのぼるとついつい手を伸ばしたくなるのが「お漬物」

早く義母から漬け方を学ばなきゃなと思う今日この頃です(いや、とっても元気な70歳ですが笑)

title発酵食のよさって何?

 

みなさん、発酵食はなんでよいのかご存じですか??

いろいろな作用があると言われていますが、大きく分けると以下のようになるのかなと思っています

☆体にとってよい栄養成分が増す

食品が発酵する過程で、その食材が持っている栄養素が微生物の働きによって変化します。

たとえばヨーグルトは牛乳に比べてカルシウムが吸収しやすい形に変化するなど、、

☆抗酸化作用が強くなる

まず抗酸化作用って何?ですが、

鉄が酸化すると錆びるのと一緒で、体で作られる活性酸素が増えすぎると体が酸化してしまい

動脈硬化などの生活習慣病を起こしやすくなります。

それを防ぐ作用が「抗酸化作用」

食品中に含まれる抗酸化物質は「生」のままだと十分に働くことができません。

発酵によって働きやすい形に変化するため、抗酸化作用が強くなるといわれています。

☆腸内環境を整える

下痢しやすい、便秘しやすい、胃痛、胃もたれがある方!!必見ですよ!

発酵食品には豊富な乳酸菌が含まれています

特に植物性乳酸菌(たとえば糠漬けなど野菜や豆、米や麦から作られたもの)は腸内で生き抜く力が

動物性乳酸菌(ヨーグルトなど)よりも概して強いのです!

私は少し便秘になりやすい体質なのですが、

糠漬けを食べるとてきめんです笑

ヨーグルトは全く効かないのにね、、

つらつらと書いてしまいましたが、要は発酵食品は体によい!のです

でもね、漬物つける暇なんてないし

お味噌汁飲まない人もいますよねー

食生活が欧米化して、発酵食品に触れる機会って絶対に昔よりも少なくなっていると思います

そこで!友愈では、

子どもが喜んで食べてくれる

簡単に食生活に摂り入れられる

そんなことを教えてくれる先生をお呼びしました!

一般社団法人日本ホールフード協会認定醸しにすと(発酵食のスペシャリスト)神宝未帆先生です♪

打ち合わせでレシピを教えていただいたのですが、、

簡単な方法を教えてもらえたので続くんです♪

よかったら講座に参加してみてくださいね!

FAMiDYの講座情報はこちら→http://sango-support.com/famidy/?p=140

講座情報:

日時 2月23日(月) 10:00 – 11:30

料金 2,000円 ※薬膳茶・甘酒チーズケーキ付き!!

講師 一般社団法人日本ホールフード協会認定醸しにすと(発酵食のスペシャリスト)神宝未帆先生

定員 6名様まで

お申込み yuyu@sango-support.com 0263-55-4574 まで


The following two tabs change content below.
国際中医師・中医薬膳師・登録販売者 長男の出産後産後うつにかかり、つらい思いをしたことがきっかけで、産前産後、育児中のママが元気になれる場所「心とからだのカウンセリング友愈」を設立♬ 西村自身は漢方相談を行う

コメントをどうぞ