元気なママ=元気な子供=元気な地域

元気なママ=元気な子供=元気な地域

「ママ」が元気になる、がキーワード

少子化対策っていろいろなところで騒がれていますが、、

わたし、やはり「ママ」がキーワードだと思っています。

当然のことながらママが子どもを産みます。

ママが中心になって子育てするケースがほとんどです。

ママが元気じゃないと家庭もまわらなくなる。子育てもできなくなる。しまいには仕事もできなくなる、、

ママが元気になると子供も元気になる

西村が長男を出産した後、産後うつにかかりました。

まったく眠れなくなり、超プラス思考の私がかなり鬱っぽくなってしまったわけです。

子どものことが全くかわいいと思えなくなってくる。

二人っきりでいるのがとてもつらい。

死んでしまった方が楽かもしれない。

そんなことまで頭をよぎりました。。

そんな状態になったとたん、3か月の息子がひどい夜泣きをはじめたんです。。

毎日どうやったら息子は寝てくれるんだろうか、どうやったら自分は眠れるのか

そんなことばかりを考えていました。

心配しただんなも頑張って仕事を早く切り上げる。

でもどうしても夫婦喧嘩が絶えなくなる。

息子はよく風邪をひき、風邪をひくたびにひどい夜泣き、、

とてもじゃないけど、もう一人授かりたいなんて思えない。

全てが悪循環に陥ってしまうんですね、、

漢方を服用し、鍼灸治療を受け、徐々に私の体調が回復するとともに

息子は丈夫になり

だんなも仕事に集中できるようになりました。

もちろん喧嘩も減りますよね^^

ママが元気=子供が元気=地域が元気!

そして何よりも、もう一人産みたい!今の私ならば大丈夫!

と思い、元気な次男を授かることができたわけです。

漢方カウンセラーとして、二度と同じ失敗は繰り返してはならない。

そんな強い思いから、次男の産後はかなり養生しました。

暇さえあれば動いてしまう私ですが、産後1か月は次男とずーっと寝んね^^

おかげで産前よりもずっと元気になれました

そして次男はやはり身体が丈夫なんですね~

地域にとって子どもが増えることは宝

地域が元気になるためにも、ママが元気でいることがとーーーーっても大事なんです!!

産後のママは育児に夢中で、なかなか自分自身の体調を思いやることができない、、

でも、家族が幸せになるためにも、この時期こそ大事にしてほしいんです!!


The following two tabs change content below.
国際中医師・中医薬膳師・登録販売者 長男の出産後産後うつにかかり、つらい思いをしたことがきっかけで、産前産後、育児中のママが元気になれる場所「心とからだのカウンセリング友愈」を設立♬ 西村自身は漢方相談を行う

コメントをどうぞ